薄衣の滝(うすぎぬのたき)

《薄衣の滝とは》
当ホテルから車で約10分の場所にある「薄衣の滝」があります。
緑と紅葉に彩る山脈 志戸平山の中腹にあり、高さ約40メートルの岩盤上から二層に屈折して瀑布落水する様子は、薄い白布を垂れかけたような美しい光景であり、すばらしい涼味を満喫することができます。ぜひ、志戸平地区の隠れた魅力をご体験ください。

《滝の名称の由来》
大正四年に、北白川宮成久親王殿下が、その頃開通したばかりの電車(旧花巻電鉄)で志戸平温泉においでになり、ご宿泊された際、当時の志戸平温泉旅館主 久保田逸郎のご案内でこの滝を散策され、風光明媚な景観をことのほかお喜びになり、「薄衣の滝」と命名されました。

出発地点(駐車場)。薄衣の滝まで約200m。

自然に囲まれて、川の音も身近に感じられます。

川のせせらぎを聞きながら散歩をお楽しみいただけます。

季節折々の草花を散策しながら残り100mです。

緑も多く、様々な花や草木に触れ合えます。

「薄衣の滝」到着。マイナスイオンたっぷりの癒しの景観をどうぞお楽しみください。

花巻温泉 ホテル志戸平 - 宿泊予約とプラン検索

ホームへ戻る

ページトップへ